家づくりの考え


 まずは「どんな家に住みたいかイメージを作る」ところから。
  家づくりの目的が明確になっていないと、取り組んでいるうちにいろんなものや情報が
  目や耳から入ってきて、目移りしてしまいます。
  何のために家づくりをするか、話し合いながら目的を明確にすることから家づくりがスタートします。

 皆さんの想いを具現化する。
  家づくりは建築家に任せてしまえば良いというものではありません。
  自分たちの思いを私たち建築家の手を借りてどれだけ自分たちの思いを注入できるかがポイントです。
  住まう人の家づくりに対する想いやこだわりとしっかりと向きあい、より良いものを作っていきます。
  出来上がっていくプロセスを一緒に楽しみながら家づくりをしてみませんか。

 私たちの手によって住みやすく、カッコいい家に。
  私たち建築家としっかり打合せを行うことでそれぞれにふさわしいデザインを提案します。

 家づくりへの想いは十人十色
  デザインにこだわる方、間取りを重視する方、構造や耐震性を求める方、最新の機能を求める方、
  要望は人それぞれです。
  要望は違っても、家族が「家づくりをして本当に良かった」と思える「心の満足度」が高いことこそ
  本当の家づくりだと思います。 
  家で毎日笑顔でいられる家づくりを私たちは目指しています。

 住む人がのぞむ豊かな暮らしを「カタチ」に。
  そんな皆さんの想いをかなえるのが私たち建築家です。
  私たちは住まう人の家づくりに対する想いやこだわりとしっかりと向きあい、より良いものを作っていきます。
  長い間気持ちよく住み続けてもらう、こだわりを追求した世界にたったひとつしかないオーダーメードの家づくりを
  私たちと 一緒にゆっくりと 考えていきませんか。

 時の経過とともに味わいが出て、愛着の持てる家づくり。
  最近の家は、お引き渡しの瞬間の見栄えに気を取られ、時とともに美しくなる家づくりを忘れていると思います。
  私たちは時の経過とともに味わいが出て、愛着の持てる家づくりを目指しています。
  当然、傷もつきやすく多少の変形や不具合はありますが、それ自体が味わいになり、我が家だけの愛着に変わっていきます。

 これが私たちの家づくりの大きな魅力とこだわりです。
  創り上げた住まいは、出来上がった瞬間から、家族とともに生きていきます。
  出来上がるまでが家づくりではありません。
  出来上がった後からも家族とともに生きていきます。
  思いの詰まった住まいだから、大切にかわいがってあげて取り組むことが大切です。

 家づくりは、家族が夢に向かっていくための楽しい作品づくりです。
 「こうなったらいいな」「こうしたら楽しいな」など手間を惜しまず出来上がった姿を思い浮かべ、
  取り組むことが大切です。

 おわりに
  建てて終わりの消費される家ではなく、住まうことで地域と社会をつなげることが出来る家づくり。
  地域と社会をつなげるとは・・・。
  私たちの住まう東三河の森で育った奥三河の木材を使用して地域に根差した職人さんと共に家づくりをする。
  森とまちそして関わる全ての人をつないだ家づくり。
  ここ数年、住宅では内装材や家具部材などに木を多く使用する傾向が顕著になっていると感じています。
  木は調湿効果、癒し効果など様々な機能を備え、使い方次第で環境保護にもつながる優れた建材です。
  私たちの住む東三河地域も海、山、川など自然に囲まれた豊かな地域です。
  豊かな森でこれからも私たちは木を身近に感じ、木のやさしさや温もりに包まれる心地良い贅沢な家を提供して参ります。